乳首 黒ずみ 妊娠初期

妊娠中に乳首が黒ずむのはなぜ?

 

乳首の黒ずみは気になるけれど他の人には聞きにくいですよね?

 

一人で悩んでいませんか?妊娠中の体の変化の中でもショックなことの一つだと思います。
そこで、乳首の黒ずみについて解説をしていきましょう。

 

「ショック!・・乳首が黒ずんできた」

妊娠初期から少しずつ乳房が張ったり敏感になったりと変化があらわれ、それに伴って乳首の色も黒っぽくなってきます。

 

ほかにもシミやそばかすが増えたり、脇やデリケートゾーン、下着の跡の黒ずみが気になってきたりします。人によってはほとんど気にならないこともありますが、元に戻るのか不安になるほど変化してしまう人もいます。

 

妊娠初期に乳首が黒ずんでしまう原因

乳首や脇、デリケートゾーンが黒ずんでしまう大きな原因は妊娠によってホルモンの分泌量が変化するためだと考えられます。妊娠中は初期〜中期〜後期とホルモンバランスが変化していきます。

 

その中で妊娠20週目くらいになると卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロン、この2つの女性ホルモンの分泌が急激に増加していきます。

 

これらの女性ホルモンはメラニン色素のメラノサイトという色素細胞を刺激してしまうために肌内部のメラニン色素も増加してしまいます。

 

メラニン色素が増加すると色素沈着が起こりやすくなり妊娠中にシミやそばかすができたと感じるのです。特に、元々メラニン色素の多くみられる乳首や脇、デリケートゾーンは余計に黒くなったと感じてしまうのかもしれません。

 

ただメラニン色素は悪いことばかりではありません。
紫外線から肌を守ってくれる良い働きもあります。

 

しかし、多量にメラニン色素が増えると黒ずみなどの困ったことも起こってしまうのです。
妊娠中の黒ずみは一生続くものではないといわれているのでご安心くださいね。

 

しかし、次の原因の場合には一生ものになってしまうかも…。

 

黒ずみだけでなく乳首に痒みが伴う場合

妊娠中に乳首にかゆみが伴う場合は、かゆみのケアをせずに掻いてしまうと掻き跡が色素沈着を起こして黒ずんでしまうことがあります。

 

これは掻いた刺激によりメラニン色素が肌内部に生まれてしまうためです。
乳首のかゆみの原因は乾燥や物理的な刺激が考えられます。

 

特にブラジャーでかゆみが引き起こされます。
柔らかく肌触りの良いもので乳首が擦れてしまわないものを選ぶことが大切です。
感想にはワセリンなどの保湿剤を使って保湿するのが良いでしょう。

 

我慢できないくらいかゆみが酷い場合は乳頭炎まで悪化している可能性も考えられます。
痒さが酷い場合は医師に相談することも後に黒ずみを残さないためのケアとなりますから、皮膚科や婦人科へ相談してみてください。
(※受診する場合は妊娠中であることを必ず告知してくださいね)

 

放置していると黒ずみが定着してしまいます

痒みを伴わない黒ずみの場合に限りますが、ケア方法にはビタミンC誘導体などを配合した美白クリームや黒ずみ専用のクリームを使う方法があります。

 

1日に2回クリームを塗るだけですが、これをするのとしないのでは出産後の乳首の黒ずみ程度に差ができます。

 

黒ずみの程度や肌質は人それぞれですし充分な人数のデータを取った訳でもないので参考にはならないかもしれませんが、出産を経験した私の友人のなかで妊娠初期から黒ずみケアをした人と全くケアしていなかった人とでは産後に大きな差があることがわかりました。

 

妊娠初期から乳首の黒ずみ用クリームでケアしていた友人は妊娠前よりも乳首の色が薄くなったと言っていましたが、なにもケアをしなかった友人は出産後2年経った今になっても黒くなった乳首が元の色に戻らないだけでなく妊娠中にできた乳輪のブツブツもそのままの状態で治らないそうです。

 

「出産後に乳首が黒くなるのは誰でも一緒」、「子供を産んだ人は乳首が黒ずむのが普通」と本人は諦めていましたが、普通でもなんでもありません。

 

保湿と美白ケアをすることで、妊娠中にできる黒ずみが出産後に定着してしまうのを防止することができます。

 

数ある乳首の黒ずみ用クリームの一部には、保湿成分であるグリチルリチン酸2Kと美白成分であるトラネキサム酸が含まれている物があります。
この2つの成分はどちらも医薬部外品で厚生労働省から効果を認められている成分です。

 

妊娠中からケアを始めたい場合にはこの成分が含まれているかどうかを重視するようにしてみてください。

 

関連ページ

産後、お腹(おヘソ)の下にできる線、妊娠線を残さないためには