乳首の黒ずみを治す方法

乳首の黒ずみに関する男性の意識調査

なんてこと!男性は女性ではない!

 

当たり前のことを言うようですが、男性は女性ではありません。
ですから、女性の体の仕組みが分からないのは当然と言えば当然なんですよね…。
なので、乳首の黒ずみへのイメージや意識は、女性の想像を遥かに超えた、想像力豊かすぎるものばかりなのです。

 

え?どんなイメージなの?!

 

イメージの前に、男性の意識をチェックしてみましょう。
Q.彼女の乳首の色が気になるのか、気にならないのか。
これ意外なことに、気になる人は4割程度なのです。
気にならない人が6割と意外と気にならないほうが多いのです。
えー、安心したー。
それくらいなのねー。
と思ったあなた。
彼はその4割の人かも知れませんよ?
しかも6割の人のほとんどは、そこまで見ないという興味ない寂しいイメージでした。

 

気になるという男性からのイメージって?

 

女性の乳首の色が気になる男性のイメージは、それはそれは悲しくなるものでした。
自分と付き合う前に、色んな男性から刺激を受けてきたのだろうという、遊んでいたからという迷信を、素直に信じている人が今だにいるのです。
他にも 『脱がしたときにインパクトがあって萎える』『不潔に見える 』など、ひどい意見の様ですが、女性側は要注意です。
不潔に見える→デリケートゾーンも不潔と、デリケートゾーンのイメージにも、繋がるようです。
恐ろしい。。。そしてなんて想像力が豊かなのでしょう。
驚いたのは、乳首がピンクだと若くて健康に思う。
乳首が黒ずんでいると、老けていて不健康と、全く真逆の認識とイメージがあること。
実際は、閉経後で女性ホルモンが減少したご年配の女性は、乳首がピンクです。
若くて女性ホルモンが活発な女性は、乳首が黒ずんでいたり茶色だったりします。
これこそが男性が女性の体を理解していない証です。
だから、誤解が生まれるし偏見もあるのです。

 

彼が4割の人かも?

 

彼が気にする4割側の人で、間違った意識を持っていたら、どうしよう…。
そんな気持ちから、乳首の黒ずみケアをするきっかけになるのではないでしょうか?
確かに彼が4割の人だったら、ケアをすぐにでも始めるでしょう。
4割側の彼をガッカリさせないためにも、日頃から乳首の黒ずみをケアしましょう。
ふっくら丸みのあるバストにピンクの乳首なら、大抵の男性は満足するはずです。

 

気になったり、ケアしてみようかなと思ったら始めどき!
専用のジェルやクリームでケアをしましょう!