乳首の黒ずみを治す方法

乳首の黒ずみは自宅で、内側と外側からケアしましょう

 

乳首の黒ずみの原因は、外側からの刺激だけではなく、体の内側にも原因があります。
ですから、内側・外側の両方のケアでキレイします。

 

・ホエーで集中パック
ホエーとは、簡単に言えば、ヨーグルトの上澄みの液体の事を言います。
ホエーでパックする手順は次の通りです。
まず、コットンにホエーを含ませ乳首に乗せます。そこをラップで覆い、そのまま5?10分置いて洗い流して下さい。
一度ではなかなか黒ずみは解消されませんが、この方法なら簡単ですので、毎日のケアの1つとして行ってみては如何でしょうか。
・摩擦による刺激から守る
ブラジャー、カップつきインナー、補正下着、スポーツ・エクササイズなどの胸の揺れによる擦れなどから、乳首を守りましょう。
エクササイズやスポーツをするときには、専用ブラを着用すると摩擦を防止できます。
普段使用しているブラジャーは、半年に一度サイズを測り直し、フィッティングをみることをオススメします。
・女性ホルモンを整える
睡眠不足、ストレス、生理、妊娠、基礎代謝低下、様々な場面で女性ホルモンは左右されます。
女性の強い味方の大豆製品で整えましょう。
メラニンを活発化させない、定着させないようにします。
果物や野菜でビタミンC、Eを積極的に摂りましょう。
リコピンが含まれているトマトやスイカは美白効果があります。

 

上記の事を実践し、内側・外側からのケアを習慣化してみて下さい。

 

こんなにしないといけないの?

 

乳首の黒ずみとは、原因やきっかけでどんどん気になる存在になってしまいます。
ですから、内側と外側からのケアが大切なのです。
体の内側と外側から、休むことなくメラニンが活発化しないように、ケアをします。
そのためには、乳首の黒ずみにスポットを当てたケアではなくて、全身・フェイスへのケアが必要になります。
乳首の黒ずみのケアだけというわけにはいかないので、正直、なかなか効果が出にくいというのが難点と言えます。

 

積極的にケアをして習慣化すると、苦もなく続けられるものではあるのですが、現実は効果が出るまで時間がかかる長期戦は、精神的にも金銭的にも負担がかかります。

 

もっと簡単に出来る方法は?

 

精神的にも金銭的にも負担がかからず、乳首の黒ずみだけにスポットを当ててケアしたい!と思っている女性は多いと思います。
乳首の黒ずみに悩む女性なら、誰しもそう思いますよね?

 

乳首の黒ずみのケアをすると決めたら、しっかりとスポット当ててケアして効果が欲しいと言うのは当然ですッ!!
ダイエットを例に挙げれば、痩せることにスポットを当てるから効果が出てきて、楽しくなって続けられるのです。
だからこそ、乳首の黒ずみだけにスポットを当ててケアがしたいッ!
でも…そんな方法あるの?とお悩みの女性の皆さん、実はあるんです。
それは、乳首の黒ずみ専用のジェルやクリームでのお手入れです!
外側からのケアは、ジェルやクリームでのお手入れだけです。
内側からのケアは、普段、食べている物を本の少し気を付けたり、サプリメントを摂取することで相乗効果を期待できます。
これで、自宅で誰にも知られず、乳首の黒ずみにスポットを当てたケアをしっかりと行えるのです。

 

私だけ?

 

乳首の黒ずみ、私だけがなっているの?と悩んでいる女性も多くいると思います。
中々他人に相談できる部位ではないため、1人で悩んでいませんか?
でも、乳首の黒ずみに悩む女性は多々います。

 

乳首がピンクで黒ずまないのは、閉経後で女性ホルモンが減少してしまう年齢の女性の方々や、幼児などです。
少なからずとも多くの女性が変化しています。
ただ気にするかしないかの問題です。
気になる方は、乳首の黒ずみ専用のジェルやクリームで、簡単ケアをしちゃいましょう。