乳首 ブツブツ

乳輪にできるブツブツの原因

 

自分の乳首をよく見たことがありますか?乳首の周りにブツブツした突起がありませんか?
ニキビかな…と清潔にしていてもなくならないですよね。

 

見た目が良くないのでとても気になると思います。
このブツブツの正体を探ってみましょう。

 

スポンサード リンク

 

ブツブツの正体

気になるブツブツには名前があります。
モントゴメリー腺」というちょっと聞きなれない名前です。
モントゴメリーという産科のお医者さんの名前に由来します。

 

モントゴメリー腺は皮脂腺といって皮脂を分泌するための器官です。
誰にでもあるもので個人差はあるものの15〜20個くらい乳輪に存在しています。

 

「でも私のはブツブツ目立ってるけど、ほかの人はそうでもないような…」皮脂腺が発達して飛び出てしまうとブツブツと目立って見えます。

 

他に妊娠中にも乳房が大きくなってくるにつれてブツブツが出来ることがあります。
これは授乳をするための準備をしているからだと考えられています。

 

授乳期にはモントゴメリー腺から匂いをだして赤ちゃんに母乳のある場所を知らせているといわれています。見た目はともかく大切な役割を持っていたのですね。

 

「でも…やっぱり嫌?」そうですよね。見た目が…。
しかし悪いことばかりではありません。

 

モントゴメリー腺は皮脂腺です、とお話ししました。
皮脂腺から皮脂が出ることで乳首や乳輪の皮膚を守っています。

 

皮脂膜を作ることによって乳首や乳輪が乾燥することを防いだり、紫外線から守ってくれたりします。この働きがないと乳首が黒ずみやすくなってしまいます。

 

 

少しでも見た目をよくしたい

 

妊娠中や授乳中に目立つのは女性ホルモンの働きが盛んになっているからです。
高齢になり女性ホルモンの分泌が減ってくると目立たなくなってきます。

 

「そんなに待てない、今すぐ何とかしたい」では、どのような対策があるのでしょう。
3つ紹介します。

 

1:食事に気を付ける

 

モントゴメリー腺は皮脂腺です。毛穴にできるニキビに似ているところがあります。
赤ちゃんに穴から匂いを出して乳首の場所を教えています。

 

その穴が詰まらないようにケアすることで目立たなくすることができます。
ニキビケアでは、脂肪分・油分・糖分は多く取りすぎず、野菜などからビタミンや食物繊維をとることが効果的と言われています。

 

便秘になるとニキビも悪化するので水分やオリゴ糖など腸の働きもよくなるように心がけましょう。

 

2:保湿をする

 

ニキビは肌の水分や油分のバランスが崩れると出来やすくなります。
特に保湿が大切になってきます。

 

ビタミンCやビタミンEの含まれたクリームでケアするのが黒ずみも一緒にケアできてしまうのでお勧めです。

 

食事や保湿でビタミンを取り入れるといい理由。
それはビタミンにはいろいろな働きがあるからです。

 

ビタミンAは毛穴の詰まりを改善する効果があります。
ビタミンC はコラーゲンの生成をして美肌を作ります。
ビタミンEは血液の循環を良くし、不要な老廃物も除去してくれるという効果があります。

 

3:手術

 

最後に、切除手術を受けることがあげられます。
どうしても気になる、大きく目立っている、という場合はこんな方法もあるんだと知っておくことも…。

 

これまでモントゴメリー腺は乳首や乳輪を守るため、赤ちゃんのためとお伝えしてきました。私たちの体のために大事な働きをしています。

 

「でもやっぱり、すぐに綺麗にしたいの…」という方のために、手術は美容外科で行ってくれます。

 

費用は、モントゴメリー腺1個につき費用は1〜2万円ほど、通院で切除が可能なようです。気になる方は相談してみるのも手ですね。

 

 

スポンサード リンク

 

 


乳首の黒ずみを集中美白♪
>>公式サイトはこちら

イビサクリームは厚生労働省が美白有効成分と認めているトラネキサム酸を配合。
人気はあるけど効果はどうなの?ということで実際にレビューしてもらいました。

>>イビサクリームレビュー32歳(未婚・出産経験なし)